AGAの発症時期と原因

AGAを発症する時期とは

AGA発症の時期とは一体

若いうちから発症してしまうことが多く、少しずつ髪の毛を奪っていってしまう男性型脱毛症(AGA)。AGAは様々な要因によって発症するか否かが決まってくるものとなっていますが、まだAGAの痕跡がない状態でも、すでに戦々恐々としている方も多いのではないでしょうか。
AGAの改善情報ならこちらのサイトが役に立ちますよ。
そもそも、AGAとはいったい何歳ごろに発症してしまうものなのでしょうか。AGAは比較的年齢が若い段階で発症してしまうことが多く、基本的には30代以降に発症する方が増えていくのが特徴です。

しかし中には、10代のうちからAGAを発症してしまうような方もおり、そのような方は発覚した段階で早急に対応を行わなければ、髪の毛の問題を一生抱えたまま過ごさざるを得ないようなこともあります。花の20代をAGAの悩みを抱えたまま過ごすのは避けたいですよね。

10代や20代といった世代以上に、30代後半から40代に差し掛かるとAGAを発症することが多くなります。特に40代に差し掛かるとAGAの発症割合は急増する傾向にあり、頭髪の問題を抱え始める方が多くなっていくのが特徴です。

30代から40代の方がAGAになりやすい理由としては、若いころと比べた環境の変化が挙げられます。この年代はちょうど仕事上のポジションが変わり始める時期であり、ストレスなどが増大しやすい年代であると言えるでしょう。さらに、飲酒や喫煙、そして脂っこい食生活や不規則な生活リズムを繰り返しているとその影響がこの年代のころに大きく出始め、ある日を境に急速に抜け毛が増え始めるということも起こってくるのです。

もちろん、遺伝による個人差があるためにすべての人がAGAを発症してしまうわけではありませんが、AGAの遺伝子を持っているかは自分では当然わかりませんので、規則正しい生活やストレスを少しでも減じる努力などは日ごろから心がけておく必要があると言えるでしょう。

後々詳しく説明しますが遺伝要因があった場合でも、AGAは防ぐことが出来ます。